LOG IN

ソトカサの茶会

Ska vi fika?  Fikaという考え方。 ちょうどソトカサの茶会を終えた日の夜9時過ぎ、スマホが鳴り、画面を見るとスウェーデンの伯父からテレビ電話の着信でした。 画面をタップすると、伯父の自宅の居間の風景でした。これから日曜の午後のFika(フィーカ)を始めるところだと言いながら、テーブルを囲む面々からの挨拶。 彼らにとって「Fika=お茶の時間」はただのテ

さぁ、はじめよう

Try to be myself.  毎日をイロドリのある世界に。 ここから始まるソトカサの物語。 小さな一歩ですが、 みんなが笑って、自分の人生を自分らしく生きられるようになるためのお手伝い。 そんなことができたらいいなぁと思い始めたのは、心理学を学びカウンセラーとして活動ができるようになった頃です。 それまでの自分と言えば、人間関係に悩み、仕事も家庭も上手く